フランス革命 豆知識

ボルドー・フランス革命100周年記念碑①~自由の天使~

【スポンサーリンク】
今日はゆっくりと、フランスを眺めてみませんか?
場所はワインで有名な街・ボルドー。
実はこの街も、フランス革命を深い関わりがあります。

ボルドー玄関口、サン・ジャン駅からトラムで10分ほど。

中心地mQuinconces(カンコンス)に行ってみましょう。

カンコンス駅を下車し、右手に向かいます。
すると、大きな広場が。カンコンス広場です。
大きくそびえる、塔のような、柱のようなもの。その先には舞い降りた天使。
これが…“ジロンド派記念碑”。

ジロンド派とはフランス革命初期、穏健派として活躍した政党です。
ロベスピエール率いるジャコバン派と対立し、恐怖政治時代には多くの犠牲者が出ました。


ジロンド派。
その名は、ボルドーを県庁所在地とするこのジロンド県に由来します。

43mの高さに及ぶこの巨大な記念碑は、ジロンド派を追悼し、
フランス革命100周年を記念して作られたものです。

頂点に君臨するのは“自由の天使”

右手には絶ち切られた太い鎖を、
右手には自由の象徴であるオリーブを高らかに掲げます。

この像はボルドーの中心地周辺では至る所から見ることができ、
今では人々の道しるべとなっています。

下部には街灯と小さなテラスがあり、上ってみることもできます。

さらにその下には、噴水を組み込んだ壮大なブロンズの彫刻。

ドラマチックな彫刻は
ボルドーの名物にもなっています。

次回はその彫刻をよ~く見てみましょう。
今回は、このへんで。
こちらもおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA