じっくり知る/読む

もっと知りたい!ヴェルサイユの宮廷人~ブルボン王朝/王侯貴族編①~

【スポンサーリンク】

ヴェルサイユの宮廷人をいろいろな角度からもっとよく知るコーナー。
今回はアントワネットを中心に“王様”以外の王侯貴族、家族や身近にいた人々を見てみましょう。

マリー・アントワネット

オーストリア=ハプスブルグ家に生まれる。16人兄妹の15番目、11番目の王女。
深い愛情で結ばれた超剛腕の母(女帝マリア・テレジア)と気さくで温厚な父(フランツ1世)の間でのびのびと育つ。

兄妹の中でもひときわ勉強嫌い、そのくせ甘え上手で教育係はおろかマリア・テレジアすらもてこずらせる。

わがままな面がある一方でダンスや音楽などの美的センスに優れ、人を引き付ける魅力を持っていた。

14歳でヴェルサイユへ。ルイ16世と結婚、王太子妃となる。
しかし、フランス語の習得も不十分なままの輿入れとなり、夫と性格も合わなかったため、独特の習慣と規則だらけのヴェルサイユで孤独を抱えてしまう。

その一方で持ち前のセンスで新しいドレスの流行を巻きおこし、ヴェルサイユ宮殿のやインテリア、果ては小城(プチトリアノン)を自由にカスタマイズし、自分らしさあふれる居場所を作り上げていった。

気の合わない夫との間に子供を授かったと同じころ、北欧の貴公子フェルセンと“運命の恋”に落ち、互いに生涯愛し抜いた。

自分らしくありたいと願い、生きる一方で反目する貴族や民衆の心とは次第にかけ離れていき、多額の浪費に自覚を持てないままフランス革命を引き起こしてしまう。
そこから運命はいっきに過酷なものへと変化していった。

逆らいようのない歴史の波に飲み込まれながら気品を失わず、処刑を前に一人の人間として威厳を取り戻していく姿は感動的である。
アントワネットの生涯は漫画、小説、ミュージカルなどあらゆる芸術作品に描かれ、その魅力は今も色褪せない。

<アントワネットの子供たち>

長女 マリー・テレーズ・シャルロット
名前は祖母マリア=テレジアと同じものが付けられた。

ブルボン家とハプスブルグ家の血を併せ持ち、母譲りの気高い少女であった。

10歳のころフランス革命が勃発。フランスでは女性に王位継承権がなかったため、苦難の続く中処刑を免れ、フランス革命、その後の7月革命を生き抜き、結果的にフランスブルボン王朝の最期(シャルル10世の失墜)までを見届けた。

タンプル塔時代に2年近く一人で幽閉されていたため、声がうまく出せなくなり、それは治ることがなかったという。

ヴェルサイユ時代の明るさを失い、愛想のない人柄となったが誇り高い気丈さは失わなかった。ブルボンの血を引くものとして歴史の波に呑まれながらも力強く生き、ナポレオンの「百日天下」の際には国王軍の主導権を握り、反ナポレオン挙兵のための演説を行っている。

晩年は刺繍と読書を趣味とし、刺繍をオークションにかけて貧しい人々に寄付して穏やかに過ごした。激動の時代に生きながらアントワネットの家族の中で唯一、天命を全うした。

長男 ルイ・ジョゼフ
生れた時から体が弱く、三部会の最中に幼くして病死。

次男 ルイ・シャルル
父ルイ16世の死後、ルイ17世となる。

アントワネットからは溺愛されていたが、王位を継いだことで革命の犠牲となり、悲劇的な一生を送った。
熱心な王党派にとってブルボン王朝の象徴であった彼は、死後心臓が保管され、現在も残されている。

次女 マリー・ソフィー・ベアトリス
幼くして亡くなる。ルブランの傑作と言われるアントワネットと子供たちの肖像画には空のベビーベッドが描かれており、
幼くして亡くなった次女への哀悼を描いていると言われている。

<PR>億万長者との熱く激しいラブロマンス
【ロマンス ライブラリ】

ハンス=アクセル・フォン・フェルセン

「ベルサイユのばら」で“フェルゼン”と表記されたことから日本ではこの呼び名が定着していたが、ただしくはフェルセンである。

スウェーデンの貴公子で、父は王室顧問官。
家柄、教養、身のこなし、すべてにおいてパーフェクトな王子様的な雰囲気を持った人物。
王侯貴族の中では謙虚でありながらも媚びない姿勢を持ち、確固たる自分を見せていたという。(どの文献を見てもモテる要素しか見当たらない)

アントワネットと惹かれ合い、禁断の道に踏み入れまいとするほどに彼女への愛を増していった。

アントワネットへの終生の愛をわが身に誓い、家族には生涯独身を宣言する。その想いを貫き、すべてをアントワネットに捧げる一生を生きた。

アントワネットとは膨大な手紙のやり取りがあり、大半が焼却、紛失されたが一部が現存している。また、自身の心情を綴った手記も残っている。
アントワネットを失った後は、人が変わったように華やかさを失ってしまった。

現存している手記からは狂おしいほどのアントワネットへの追慕が記載されている。民衆に虐殺されるという最期を遂げ、それがヴァレンヌ逃亡と同日であったというエピソードは有名である。

母国、スウェーデン王の信頼を得た優秀な家臣、軍人であり、フランス革命戦争の終結を目的とした講和会議「ラシュタット会議」では、フェルセンが議長として調停を行った。
多国間の利害が絡み講和は不調和のまま閉じることとなったが、そこでフェルセンはナポレオンとも接触している。

アントワネットの間近にいながら革命期を生き抜き、フランス革命勃発からナポレオンの第一帝政樹立という激動の時代を見届けた。

ソフィー

ソフィー
フェルセンの妹。兄妹仲がとてもよかったらしく、フェルセンは妹への手紙の中で多くアントワネットへの愛を綴っている。
ソフィーとフェルセンの父はともにアントワネットとフェルセンの「恋仲」を知っていたことが伺える。

<ヴェルサイユの貴婦人たち>

ポリニャック夫人
貴族でありながら金銭的に困窮した家庭に生まれる。

貴族らしい生活をするのに常に苦慮しながら、結婚を機に伯爵夫人となる。ようやく貴族らしく生活できる、と思いきや親族の不祥事のせいで失墜してしまい、
これまた困窮してしまう。
金と地位にめっぽう縁がなかったものの、アントワネットが自分に興味を持ったことに気付くと彼女の孤独に漬け込んで心を掴み、プチトリアノンの出入りも許される数少ない“えこひいき”な取り巻きの一人となる。

底意のある友情を真実に見せかけ、大量の金品を巻き上げる。ついには爵位まで格上げしてもらい侯爵の地位も手に入れ、名実ともに貴族として返り咲いた。

革命後は王党派を支持するどころかさっさと国外に亡命した。

恐ろしいほどの裏の顔を持ちながら、容姿は端麗で美貌に恵まれ、優美な華やかさがアントワネットを引きつけたと言われる。
アントワネットはタンプル塔からもポリニャック夫人に手紙を送っており、革命後も親交があった記録が残っている。

ランバル公妃
イタリアの名門貴族、サヴォイア家の血を引く。
嫁いできたばかりのアントワネットに気に入られ、女官長となる。アントワネットにとって「年上のお姉さん」的存在。
アントワネットとともにローズベルタンのドレスに夢中になって多額の浪費をしたと言われているが、ポリニャック夫人のように金品を巻き上げたり出すぎた要求をすることはなかった。

次第にアントワネットがポリニャック夫人を気に入るとアントワネットとの間にも距離が出き、女官長の座までもポリニャック夫人に奪われてしまう。
しかし革命勃発後、さっさと亡命したポリニャック夫人とは対照的にアントワネット一家救済に奔走、尽力した。そしてともにタンプル塔に幽閉されることとなった。

最後までアントワネットを見捨てなかったが、その忠誠心が仇となって革命派によって虐殺されてしまう(九月虐殺)。

ポリニャック夫人の引合いに出され、正反対のように語られることが多い。奇しくも2人の生年月日、婚姻の年は同じである。

カンパン夫人
アントワネットより3歳年上の首席侍女。
父親の方針で幼いころより学業や教養を身に付ける。優秀で穏やかな性格が評価され、16歳でルイ15世の娘の朗読係となり、ヴェルサイユ宮殿に入る。

真面目で勤勉な性格でアントワネットに付き添い、身の周りの世話だけでなく保護者のように守っていた。

アントワネットの言動や人柄などを書き残した「回想録」を残しているが、フェルセンに対してはまったく触れておらず、アントワネットを守るために記載しなかったと見られている。

革命期を生き抜いた数少ない宮廷人の一人。
女子のための寄宿学校を設立し、女性の教育の普及にも尽力した。ナポレオン一族の女性たちはカンパン夫人の寄宿学校で学んでいる。

侍女と女官の違い

どちらも王妃の身の回りのお世話をする女性のこと。貴族階級の身分の高い女性でなければなれなかったが、女官の方がランクは上である。
国、時代によって違いがあるので、その時々によって存在や仕事内容は変化する。
(たとえば中世のイギリスと現代のイギリス王室の侍女、女官は微妙に異なる)

エリザベート内親王
ルイ16世の妹。生涯独身であった。マリー・アントワネット夫妻のそばにいつも寄り添っていた家族のような存在。

ジュリエット
ジュリエット
アントワネットのすぐ身近には人柄のいい人もちゃんといたんだよね。
スザンヌ
スザンヌ
外野は結構すごいキャラぞろいだよ~すごいよヴェルサイユ。
こちらもおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA